鼻毛を脱毛処理

ムダ毛について考える女性
全身のレーザー脱毛がやっとこさ一区切りを終えて、今度は鼻毛の脱毛に関心を持つようになりました。

自己処理をするのに面倒臭さや大変な労力に嫌気がさしており、自己処理の場合鼻の穴を大きく開くので、毎度鼻の穴がでかくなってしまうのではないか怖くなったからです。

鼻毛が実のところに飛び出しているわけではないものの、鼻の入り口の毛を見るとつるつるにやりたいという欲求が日に日に増していきました。

6月くらいに私はうっかり鼻毛を何本か抜いて処理してしまったので、毛が生えるのを待って先日ついに鼻毛の脱毛に行く事ができました。

心理コンサルティングから始まって医者の方といろいろ話す時が設けられていて、精神的に心配無用しながら施術に移る事ができました。

医者の方によれば、10回くらいは粘り強く通う必須がある事、鼻の穴の中すべてがつるつるになる事はないという事、白髪になると反応しなくなるため早めに完了させるといいといった注意すべきポイントを直接教えていただきました。

加えて、ついに施術に入ります。

施術は女子の看護師さんが担当してくれます。

ベッドに横になり、維持用のめがねを目の上に載せます。

脱毛器のヘッドからワンショットごとに冷却ガスが出てきます。

冷却ガスが出てきて鼻で吸ってしまうと苦しくなってしまうので、照射のときに息を鼻から出します。

時期については看護師さんが声をかけてくれます。

ざっと片方の穴で5〜6ショットほどでした。

通院のペースは1か月以上間隔が空けば、再び施術を受ける事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です