友人への失言

アゴ髭って男にしか生えないものだと私は思っていたのです。

だから友達の顔に顎ヒゲが生えていたのを見たケースは目を見開くほどびっくりしてまじまじと見ました。

実際に口元が青くなっていて、二度見してしまったのです。

この感銘と言ったら表しようがなかったです。

私はそんなに必要ない毛が濃い方ではないのですでした。

必要ない毛が少ないと羨ましがられるタイプです。

だから顎ヒゲが生える女子がいるなんて思ってなくて、拍子抜けしてしまったのです。

だから正直に彼女に「口元青いけど如何にしたの?」と真っ直ぐに聞いてしまって、友達を傷つけてしまいました。

あれは実際に申し訳なかったと実際も考えます。

仲間は鏡でもうに自らの顎を参考にして、言われた事にショックを受けていました。

その動揺が伝わってきて、私もやはりに「悪いな」と考えました。

友人も好きでアゴヒゲが生えてきているわけじゃないのです。

それなのに私はついポロッと思った事を言ってしまったのです。

あれ以来仲間は必要ない毛が見過ごせない事例はマスクをしてくるようになりました。

申し訳ないです。

あれから仲間は脱毛サロンへと通っていると聞きます。

きっと顔の脱毛をしているんでしょう。

私のせいだとしたら何となく申し訳ないです。

早くアゴヒゲがない必要ない毛の悩ましいのない肌になるといいなと声援しています。

ムダ毛に葛藤する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です