脱毛に不適切な人

私が脱毛に関心を持って、やっとこさ人に見せる度胸が湧いた時の出来事です。

私と同じ悲しい想いをする人がいなくなるように願いを込めてお話ししたいと考えます。

随分前から、脱毛って、少女のたしなみですよね。

昔から、自らの体毛の濃度に悩んでいたのですが、それを他人に見せるのも度胸が要りますよね!でも、定期的の処理に葛藤するなら、一思いに行ってみようと、最初にとある巨大資本のお試しに行く予約を取ったのです。

予約までは、非常にスムーズに取れました。

加えて、即日…「お待ちしていました」と丹念に手引きされ、私よりフレッシュな子が担当かぁ?と考えつつも、真っ先に心理コンサルタントとの事で、調査の記入をお願いされたので、何も知らない私は正直に記入していきました。

ところが、書き終えて、再び担当の乙女と質問を元に話しスタート出来たら…険しい表情…どういった事?と考え担当の話を聞いていくと…ユーザー「薬」を飲まれているんですね。

と切り出されました。

その頃の私は、メンタル系の薬を頓服で飲んでいました。

どうやら、薬を飲んでいる事が問題なようです。

他にも、「申し訳ございませんが、当店ではお引き受けできません」と、断られたのです。

特に予約のときの用心事項で聞かれもしなかったし、規約みたいなものにも、書かれていないようでした。

ストレス社会の世の中です。

メンタル系の薬を飲む人も少なくないと思うのですが、承知可能な訳もなく、断られ相当悲しかったです。

けれども、それから違うサロンを見つけ、そんな訳で同じように見極めをしたところ、「うちは心配なしです」と言ってもらえるところを見つける事が出来ました。

脱毛と薬って、素人には何の結びつきがあるのかわかりませんが、薬の種類等によっては、施術前に断られる事があるので、これを読んで下さった方で、私と同じように薬を飲んでいて、今後脱毛に行きたいと思っている方がいましたら、予約を取るときに、薬を飲んでいても施術してもらえるかを検証する事を推奨します。

結論的には、自身の前提に合う所が見つかって、悩んできた体毛も減り、途中で懐妊、分娩をしているので、他にも穏やかなたら、再び通う予定ですが、前ほどの歯痒さはなくなりました。

自らの要件に合うストレスフリーなサロンを探して、ツルツル美肌女子を一緒に目指しましょうね!

健康的な女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です